Cost reduction

経営効果とパソコン

ネット広告

今では当たり前のように、オフィスにパソコンがある時代になっています。 そのこともあり、ホームページを開設して、商品の販売を行っている企業や企業の紹介を行っているホームページも多く見かけるようになっています。また、個人でホームページを作り、それによって物を販売しているサイトもかなり見かけるようになっています。あなたもホームページを開設していますか。売り上げは上がっていますか。

上がっていれば問題は無いのですが、上がっていない場合やもっと売り上げを上げたいとした場合に、最も手っ取り早い方法はネット広告でしょう。それも検索エンジン広告が費用対効果が1番高いと思われます。しかし、前述の通り、各会社がホームページで宣伝しているために、キーワードによっては、かなり単価が高くなっているものもあって、1クリック数千円台のもあります。100人に1人の割合で買うとすると、数十万もかかってしまいます。1ヶ月や1年で計算すると、とんでもない金額がかかってしまいます。

これでは、経費の削減どころか、とても中小企業にはできません。ネットにはお金がかからないというのは過去の話となり、大企業が力を入れ始めてから、金のかかるビジネスになりつつあるのです。ところが、ネット広告費も抑える方法があるのです。

その方法は、「キーワードを選ぶ」事にあります。つまり、キーワードを選ぶことです。つまり、興味がある人全員対象にするわけではなく、買いたい人を対象にした広告をするということです。

例えば、あなたが「Windows専用のパソコンソフト」を売っているとします。すると当然、キーワードは「パソコンソフト」となります。しかし、グラフィック関係や動画関係では、一般にMacの方が主流である場合も多いですし、家庭でMacを扱っている人もいます。その人はWindows専用のパソコンソフトを探しているわけではないでしょう。また、パソコンソフトの情報が欲しいだけという方もいるかもしれません。

あなたは、その「パソコンソフト」を売りたいのですから、Windowsを扱っていない方を集めても意味がありません。でも、中には「Windows用 パソコンソフト」というキーワードで検索する人もいます。クリック単価がこれで大きく変わる場合もあります。オーバーチュアの場合は、単価を調べることができます。

パソコントラブル

OSなどの巨大化に伴って、パソコンのトラブルも複雑化していきました。そのため、1度トラブルが起きると復旧に数時間もかかる、あるいはまる1日費やすなんてケースも多いのではないでしょうか。また、顧客名簿、大事なデータや会社の機密事項など大切なデータが消失したら、その被害額はいくらになるでしょうか。お金で換算できない場合もあるかもしれません。

そのため、パソコンのデータをバックアップするストレージも目覚しく進化してきましたが、サーバに置きたくないデータというのは存在します。例えば、人事評価表、会社の帳簿というような経営者だけが見たいものがそれです。

アクセス権を設定すれば、社長しか見れないという話もありますが、社長自らがネットワーク管理者になっている会社はいくつあるでしょうか。ネットワーク管理者が偶然見てしまうことも避けていデータもあります。また、設計事務所のCAD図面、出版社の原稿、印刷会社の版画などの「商品」の消失は、普通のデータが消えるより困るレベルがかなり高いです。

そういう時は、大掛かりで高価なネットワークシステムよりも、単体としてトラブルが置きがたく、データが消える可能性が極めて低いパソコンを仏容態分導入する方がずっと安価かも知れません。もちろん社内のネットワークも必要です。どの部分にどのくらいお金をかけるか、コストパフォーマンスを考える際には、トラブル維持費まで考慮した方が良いかもしれません。

pickup

厳選した確かな商品を真心をこめてお届けします。

粉末緑茶

リゾートウェディングなら光貴ファンタジスタにおまかせください。

沖縄 ウエディング

オリジナルTシャツならWEAR-HOUSEにお任せ下さい。期待を超えるオリジナルTシャツが見つかる。

無地 Tシャツ

SM衣装やレザーコルセットなどセクシーコスチュームのお店です。

コルセット 編み上げ

池袋北口から2分の携帯買取専門店です。

iPhone 買取